あなたの夢の実現をサポートする出版社、ドリームシップの公式ホームページです。私たちの活動ビジョンに加え、新刊情報やプレスリリース情報等をご案内します。

自費出版・個人出版の基礎知識

  • HOME »
  • 自費出版・個人出版の基礎知識

折に触れ書いてきた随想、これまでに書き溜めた小説やマンガ、趣味で作った作品集や絵本などを、できれば多くの人に読んでもらいたいなあと思ったことはありませんか。
しかし、本を出すことに高いハードルを感じ、躊躇してしまう方が多くいらっしゃるのも事実でしょう。

デジタル技術の発達で、今や誰もが本を出版できる時代になりました。
本を出すことで、自分が生きた証にすることもできますし、起業家なら、ビジネスを拡大するきっかけにもなります。

しかし、世に出す以上読者も意識したいですよね。となると、プロ目線の内容チェックも欲しいものです。プロからの補助や手助けを受けて書くことで、心から湧き出る言葉として、力強く、読者に感動を与えるものとなります。

ですから、うまく出版社を利用しながら、あなたの出版をぜひ成功させましょう。

自費出版の今

自費出版とは、著者自身が費用を出して書籍を出版することです。自己資金で本を出す方法は以前からありましたが、費用が高額なため、経営者や学者など一部の人に限られていました。

本来、自費出版は商業出版とは違い、営利を目的としない出版形態を意味していましたが、近年では出版社と共同で、書店に流通させる形態が増えています。電子書籍という新しいメディアも生まれ、紙媒体とは一線を画した個人出版も行われています。このような背景から、今は自費出版のハードルが低くなってきていることがうかがえます。

出版の種類

本の出版といっても色々な形態があり、大きく分けると次のように大別されます。

・商業出版
出版社が費用を全額負担して本を出版します。製作費は出版社が負担し、著者には原稿料(印税)が支払われます。著名人や有名作家でない限りハードルの高い形態です。
・共同出版
出版社が費用の一部を負担して出版する方法です。基本的には著者が製作費を負担し、流通・宣伝は出版社が行います。
・自費出版(個人出版)
執筆から編集・デザイン・印刷・販売まで著者が費用を全額負担します。流通ルートの確保は難しいですが、自由にコンテンツを構想し、自分の思いを表現できるのが特徴です。
・企画出版
自分の温めていた企画を企画書と共に出版社に提案し、出版する形態です。出版社にとっても、ぜひ扱いたいと思う企画内容であれば会社企画としてその出版を行い、著者に対して原稿料を支払います。これは自分の企画が出版になるため自費ではないものの、自費出版の一つの形態であるといえます。

自費出版の費用

本を出版するにあたって、気になるのが費用だと思います。出版にもいくつかのタイプがあり、作品を取り扱う出版社も、大手出版社から印刷会社、自費出版専門の出版社までさまざまです。

発行部数や編集内容によっても費用は変わり、あくまでも目安ですが、依頼する出版社に書店での販売までお願いする場合、原稿や写真・イラストを自分で用意しても、200万円以上はかかると思ってください。書店に並ばない個人出版であれば安くなりますが、ライターの手直しや多色刷りが必要であれば、50~100万円程度の経費がすぐにかかります。

部数が多いほど費用も多額になるため、出版目的と費用との兼ね合いを考慮することが大切です。

ドリームシップでは、リーズナブルな費用で個人出版をお手伝いします。
小説・エッセイ・詩集句集・論文などの目的に合わせ、小部数から本格出版までクオリティの高い作品に仕上げますので、お気軽にご相談ください。

電話番号が変わりました。お問い合わせ電話・FAXはこちらから TEL 044-571-9892/FAX 044-330-1882 受付時間 10:00~18:00(土・日・祝日除く)

Copyright © www.dreamship-inc.com All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.